ハラスメント外部相談窓口

男女雇用機会均等法において、セクシュアルハラスメントやマタニティーハラスメントなどの問題について相談ができる相談窓口の設置等を行う防止対策措置を講ずることが義務化されています。その相談窓口は、人事総務部や役員などがその担当となっていることが多いものですが、相談者によっては組織内の相談窓口に相談しても適正な対応をしてもらえるのかと不信感を抱く場合もあります。そのような場合であっても安心して相談していただけるように、ハラスメントに関する外部相談窓口として対応を行うサービスの提供を行っています。