セミナー

【延期による代替日程】2020年6月施行の労働施策総合推進法
(パワハラ防止措置義務)対応 
【実践型】 ハラスメントトラブル対応力養成講座
「こんなときどうする?」を想定した体制整備と、自社の取り組み状況チェック

セミナーコード00244
状況受付中
日時2020年9月29日 09時30分~2020年9月29日 12時30分
開場時間09時00分
講師永原大樹 社会保険労務士法人名南経営(社会保険労務士・中小企業診断士)
会場愛知県 名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋33F
概要労働施策総合推進法の施行により、2020年6月からパワーハラスメントの防止措置が義務化されます(中小企業は2022年4月から施行)。各企業では、就業規則への規定や相談窓口の設置など、すでに形式的な対策を講じているところがある一方で、ハラスメント対応の担当者からは、「ハラスメント対策はどこまでやればいいのか?」「今の取り組みで十分なのか?」「いざトラブルが発生したときに機能するのか?」といった、実務対応を不安視する声が聞かれます。
そこで今回のセミナーでは、自社のハラスメント対策の取り組み状況をチェックし、組織としての対応力を向上させるために、様々なハラスメントトラブルを想定した「ケーススタディ」を行っていただきます。このケーススタディにより、自社の対策の足りない点や、労務管理上のリスクを洗い出したうえで、セミナーの後半では、浮かび上がった課題に対してどのように改善すべきかを、現場の担当者視点で解説します。
カリキュラム■第1部 「こんなときどうする?」 トラブル対応ケーススタディ
自社で設けている実際のハラスメント規程や相談対応体制をもとに、架空のハラスメントトラブル(実例を加工した複数事案)に対応していただきます。
※当日は、自社で運用している関連規程や社内マニュアル等をご用意ください。
※実践型の少人数セミナーのため、定員は15名とさせていただきます。
■第2部 「これで安心!」 実践型ハラスメント防止対策の進め方
相談窓口の運用方法や、事実確認の方法、効果的な管理者教育の方法、適切な事後対応など、ケーススタディで浮かび上がった課題を解決するためのアドバイスを行います。
持ち物参加証
対象総務人事担当の皆様・ハラスメント実務担当者の皆様
受講料(MBC特別会員様)8,800円(税込)
受講料(名南CN顧客先様)0円
受講料(一般のお客様)8,800円(税込)
受講料(その他)8,800円(税込)
その他株式会社名南経営コンサルティング共催

※名南コンサルティングネットワーク顧問先様につきましては、1社2名様まで本セミナーに無料でご参加いただけます。
※本セミナーにおいては、「MBC特別会員様」、「その他」の申込区分の設定はございません。申込区分においては、「名南CN顧客先様」または「一般のお客様」のいずれかをご選択ください。

【新型コロナウイルス感染症予防措置について】
・セミナー受講中はマスクの着用をお願いします。
・当日、発熱がある方のご参加をお断りさせていただくことがあります。
・入室の際や、お手洗いから戻られる際には、必ず手洗い・アルコール消毒を行ってください。
・政府、自治体の要請によって、セミナーの中止や延期をさせていただくことがあります。
お問い合わせ先社会保険労務士法人 名南経営
〒450-6334 愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番1号 JPタワー名古屋34階
TEL:052-589-2355【セミナー事務局】
口座情報お振込みの際、貴社名の前に 【セミナーID番号(5桁)】 を入力ください。

株式会社名南経営コンサルティング セミナー事務局
三菱UFJ銀行 金山支店 普通預金 1787077
個人情報保護方針https://www.roumu.co.jp/privacypolicy/